金沢倶楽部のエッセイ『お母さん ぼく 星になったよ』


金沢倶楽TOPガイドブック・書籍一覧読み物一覧/絵本:お母さん ぼく 星になったよ
金沢倶楽部公式サイト罫線
お母さん ぼく 星になったよ
お母さん ぼく 星になったよを購入罫線
お母さん ぼく 星になったよを購入
ハーティアー美栄子


ハーティアー・美栄子
(本名 白潟美栄子)
は〜とせらぴすと 
ヒーリングスペース ぴゅあらぶ主宰
http://healingpurelove.web.fc2.com/
「love Healing Sora」認定ヒーラー 

2005年 
絵本第一作 自費出版『たんぽぽちゃんと風くんの恋いものがたり』
2009年 
スピリチュアリストとして北陸最大のスピリチュアルイベント「癒しフェスタ」に複数回参加。
2010年 
石川県白山市、グリーフワークの会『星になった子どもたち』の会代表
子どもを亡くした親たちの交流の場、分かち合いの場を主宰。子供をなくすという何事にも耐え難い体験をもつ親御さんたちと共に、深い悲しみや苦しみを抱えた日常生活に少しでも癒しと語らいの機会が生まれればという思いで活動。東京の同じような団体とも交流。
スピリチュアル・エネルギーワークの講師として活躍中。
タイトル

お母さん ぼく 星になったよ

価  格
1,000円+税

サ イ ズ
B5判変型 (大人のための)絵本

頁  数
表紙ハードカバー・本文32ページ

発 行 日
 
2011年3月3日
2011年3月14日から北陸での販売開始

発売エリア
北陸3県を中心とした全国主要書店

著  者
 
 
ハーティアー・美栄子
メッセンジャー:白潟翔弥
パステルカラー:てるるん

内  容
 18歳で突然この世を去った息子 翔弥君。
 ピリチュアリスト ハーティアー・美栄子さん(本名 白潟美栄子さん)は、息子が去って一週間目に、彼からメッセージを受けるような体験をしました。小さな頃から美栄子さんを悩まし、そして喜ばせてくれた、かけがえのない存在だった翔弥君。ただそばで生きていてくれれば、それで幸せだった…。
 そんな気持ちが詰まったこの絵本は、子供をなくした親たちへのメッセージであり、愛する家族をなくしたすべての人たちへの共感のメッセージです。また、普通の学校になじめずフリースクールに通う子供を持つ親たちにも大きな関心を呼び起こします。

金沢倶楽部公式サイト罫線
Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd